ブログ

Kindle Fire HDを勝手にレビュー

2014/07/9


どうも~
今年、初ゴ○ブリを見た「画伯」です!
こう暑いと奴らの活動に活発になってきますね。
あーイヤダイヤダ。
過去に顔面に飛んできた時に、
人生で初めて「あわわ」と漫画みたいな声を出してしまいました。


奴らの話はここまでにして
今回は、母の日に母親にプレゼントした


Kindle Fire HD
image


をちょっと失敬してきたので、
こっそりと簡単にレポートしていきます。


それでは早速いってみましょう!

・サウンド
両サイドについているスピーカーが動画の臨場感を際立たせてGood!!
自分の持っているNEXUS 7(2012)やiPad miniは片側にしかスピーカーがないので横向けると片方しか音が聞こえず違和感ありまくり!!
※NEXUS 7に関しましては現行モデルでは両側にスピーカーがついた模様。
Kindleの優位性が減りましたな(;_;)

・アプリの数
iPadやAndroid系タブレットに比べて対応アプリがまだまだ少ないのが現状です
ま、気長に待ちましょう。

・ブラウザ
Amazon SilkといったAmazonオリジナルのブラウザが入っておりました。
silk


高速と前評判の高いブラウザなので、楽しみにしておりましたが、
回線のせいかそこまでの体感速度は得られず・・・
(802.11acとかに対応したらまた変わってくるのかもしれませんね)



また、こちらのブラウザに読書モードと呼ばれるモードがあって
サイトの画像や広告、およびリンクなどをすべて排除した、読書に最適化された画面でページ表示されるようなのですが、何故か画伯家の端末では使えず・・・
読書モードが使えないサイトばかり検索していたのかもしれませんね


・電子書籍機能

これは、さすがKindleといった感じでしょう
kindleapuri1_1


左から文字の大きさ、ページ移動、メモ書き、コメント(Facebookなどに投稿する)、付箋など様々な機能を取り揃えております


また、
kindleapuri2


気になった文言のハイライトや辞書機能など痒いところに手が届く機能はさすがKindleですね!!

・価格
16GBで比較した場合
Nexus 7
・・・・・・・・・・28,594 ※1
iPad mini Retinaディスプレイモデル(Wi-Fiモデル)
・・・・・・・・・・38,800から ※2
Kindle Fire HD 7
・・・・・・・・・・16,280 ※3
※1 Google playストア調べ
※2 iPadストア調べ
※3 Amazon.co.jp調べ
(詳しい価格は各商品の専用サイトを御覧ください)


と価格では
ダントツでKindle Fire HDに軍配が上がります


正直、タブレットとしてKindle Fire HDを購入することは画伯はおすすめしません。
アプリもまだまだ少ないし、高速ブラウザの恩恵もまだまだ感じられず
(ブラウザに関しては無線技術や端末の処理速度が上がったら少しは恩恵を受けるかも)
しかし、うちの母親のようにデジタル製品に疎いけど、タブレットを使ってみたい、
または電子書籍も読むができるだけ価格を抑えて、簡単なウェブ閲覧やメールをしたい、といった方には価格も安くオススメできる商品だと思います。


AndroidやiOSの機能をフルに使いたいならAndroid系タブレットやiPad、iPad miniを
そこまでしなくてもとにかくWeb閲覧とメール、読書ぐらいしかしないならKindle Fire HDといった住み分けができるのではないでしょうか?


最後に、昨日のGORI(♂)さんはブログでやたら女子力をアピールしてましたが何があったのでしょうか?
そういえば、先日の漫才ブログで頭に猫耳つけてましたが、
変なジャンルに目覚めていないことを祈るばかりです。


それでは、またの機会に会いましょう(^_^)/~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

あーかいぶ